MARUSHO

肘上のエレガントな曲線に対し、テーブルの脚やキャビネットの扉のストレートなディテールの対比で、品格の有る美しさを求めました。

Sofa 186